<第2幕>死刑場
真夜中。死刑台のある丘に、アンカーストロム伯爵の妻アメーリアの姿があった。彼女は占い師ウルリカに言われた通り、辛い恋を忘れるために草を摘みにやってきたのだ。そこへ彼女に密かに想いを寄せる、スウェーデン国王グスターヴォ3世が現れた。2人はここでお互いが愛し合っていることを知り、抑えていた想いを堪えきれずに<私はあなたの傍に Teco io sto>を歌い抱き合った(情熱的な二重唱)。その時、アメーリアの夫アンカーストロム伯爵が、国王暗殺の企みがあると知らせにやってきた。アメーリアは咄嗟にベールで顔を隠す。国王は不測の事態に、急いで伯爵とコートを取り替えその場から立ち去った。国王に、ベールの婦人を街へ送り届けるよう言われた伯爵だったが、すぐさま反逆者達がやってきてもみ合いとなった。そのとき間に入ったアメーリアのベールが外れ、伯爵は妻が自分を裏切っていたと知る。怒り狂う彼を反逆者達が嘲笑った。
第3幕へ
RETURN
オペラ名曲辞典TOP