第2幕
 パリ郊外のヴィオレッタと、アルフレードの愛の巣。ヴィオレッタに夢中のアルフレードは、愛の生活の喜びをアリア「燃える心を」に託してうたう。ところが現実の生活は厳しく、彼女は持ち物をパリで売りに出さねばならない。それを知ったアルフレードは、自分も金策のためにパリへ行く。
 1人残ったヴィオレッタのところへ、アルフレードの父ジェルモンが訪ねて来る。彼は最初高圧的に、真面目な自分の息子を誘惑するとなじるが、彼女が自分の財産まで投げ出して、彼に献身的に尽くしているのを知って心を改める。だがジェルモンは、彼女がそのまま息子といると、娘の縁談に差し支えるから、涙を飲んで別れて欲しいと懇願する。泣く泣くそれを承知したヴィオレッタは、1人の女が自分の幸せを犠牲にしたと、お嬢さんに伝えてくださいという。最後はジェルモンが、彼女を慰め励まし帰って行く。
 ヴィオレッタは手紙を書いて、戻って来たアルフレードにジェルモンの来訪を知らせる。使いの者にその手紙を持たせ、アルフレードに届ける。彼は不審に思って封を切ると、それは離縁状である。彼は読んで驚き、そして怒る。そこへジェルモンが戻って来て、怒り悲しむ息子を慰める。有名なアリア、「プロヴァンスの海と陸」。だが息子はそれに耳を貸さず、復讐してやると叫んで出て行く。
 パリのフローラのサロンで、アルフレードがカードに興じている。そこへヴィオレッタが、ドゥフォール男爵と登場する。アルフレードはヴィオレッタに、本当に心変わりしたのかと詰問する。彼女はジェルモンとの約束で、仕方なくそうだと答える。すると彼は大勢の客の面前で、彼女の不実を罵り、彼女にカードで勝った金を叩きつける。ヴィオレッタはショックで気を失い、人々は彼の無礼を咎める。父親のジェルモンは、息子を叱りつける。もう取り返しがつかないと、後悔するアルフレード。それでも彼を思い続けるヴィオレッタと、思い思いの心を打ち明ける、大コンチェルタートで幕が下りる。
(C) 出谷 啓
第3幕へ

RETURN
オペラ名曲辞典TOP